【はてなブログ】カスタムURLを変更したら記事が表示されない!初心者の失敗談

皆さん、こんにちは!さききちです☆

皆さんは、はてなブログを投稿したら、いきなり特定の記事だけ見られなくなった!という経験をされたことはありますか?

記事のリンクをクリックしても画面に表示されるのは「not found」の文字のみ・・・

一生懸命時間をかけて書いた記事が消えてしまった!とパニックに陥りました(;´・ω・)

もしかしたら、記事が見えなくなるアクシデントの原因はカスタムURLの変更が原因かもしれません!

この記事では、実際にはてなブログ初心者の私が経験した、大失敗について書きたいと思います。

f:id:sakikiti:20201016015137j:plain

はてなブログでいきなり特定の記事が表示されなくなった!

ある日、今日は何回、さききち日記を見ていただけているかな~と、いつものようにはてなブログの「アクセス解析」をチェックしていた時に悲劇は起こりました。

アクセス解析」のページでは、最近のアクセス傾向から、

  • アクセス元サイト
  • アクセス元ページ
  • アクセス先ページ

という3つの項目がみられると思います。

この「アクセス先ページ」をクリックすると、通常は記事のタイトルが表示されていて、どの記事にどれくらいのアクセスがあったかを確認することができます。

しかし、私がその欄を見たときに、本来は記事のタイトルが表示されるべきところに、よくわからない数字の羅列が並んでいました。(特定の記事のみ)

正常な状態であれば、記事のタイトルをクリックすると、その記事のページに飛ぶことができるのですが、その日は、タイトルをクリックすると、「Not found」と表示され、記事を見ることができませんでした。

わたしは、どうしよう!おかしくなってる!とパニックになりました。

もしや!と思い、記事の公開と同時にシェアをしているTwitterのリンクを確認すると、やっぱり「Not found」・・・(内部リンクも切断されています)

その原因として考えられたのは、なんとなく意味なく変更した記事の「カスタムURL」でした。

はてなブログのカスタムURLとは?

はてなブログカスタムURLとは、PCでの記事の編集画面右上にある編集オプションタブの歯車マークをクリックすると、2段目に出てくる項目です。

記事を新規で投稿する際に、自分の好きな文字列を入力することで、記事のURLを自由に設定できます。カスタムURLを設定しない場合は、はてなブログの設定であらかじめ設定してあるような様式のURLが自動で記事に結び付けられます。

はてなブログのトップページ>設定>詳細設定>記事URL の項目より、

  • 標準
  • タイトル
  • ダイアリー

という3つのフォーマットから1つ選べるようになっています。

カスタムURLを使えば、このフォーマット以外でも自分が扱いやすいURLに変更することが可能なのですね🌟

一度記事を投稿した後でカスタムURLを変更すると何が起こる?

はてなブログで、既に一度記事を投稿した後に、「記事の編集」からカスタムURLを変更すると、URLが勝手に新しいものに置き換わります。

URLが新しいものに置き換わると、今までその記事に結び付けられていたリンクやWeb検索システムに認識されていた記事のデータがなくなってしまうのです。

一度、新しいURLに置き換えてしまうと、前のものに戻すことはできないので、記事が投稿してから時間がたっているもの、検索順位が上位にいたものほど、大きな損害を受けることになります。

ですので、できる限り、一度記事を投稿した後はそのカスタムURLを触らないようにしましょう。

最後に

今回は、はてなブログ初心者がやりがちな失敗談として、記事投稿後のカスタムURL変更についてご紹介しました🌟

皆さんも、カスタムURLについて気を付けて取り扱ってみてください!(^^)!

 

 はてなブログについての過去記事はこちら↓



プライバシーポリシー お問い合わせ